求人と履歴書

求人情報を見て応募する時に、まずは履歴書を書かなければと思うことでしょう。
履歴書は自分を売り込む唯一の手段です。
エントリーシートや職務経歴書も同時に提出する場合もありますが、それはいわば単に経歴を列挙しただけです。
ですからワープロ打ち出しでも構わないという企業も多いですし、どこにでも使い回しが可能です。
それに対して履歴書は求人する側から見て志望動機や応募者の意気込みなどが把握できるものですから、自分をアピールできるツールなのです。

求人側は履歴書のどこを見ているのでしょうか。
その一例として、先に述べたようにエントリーシートや職務経歴書はパソコンで作成しても履歴書は手書きでというところは今でも多いということが挙げられます。
その理由は、応募する側が真剣かどうかを図るためです。
字の上手下手に関わらず、一文字一文字を丁寧に書いてあるものには好感を持たれます。
求人する側としては丁寧な字は「仕事も丁寧なのだろう」という印象を受けますし、逆に雑に書かれてあると「仕事も大雑把、適当なんだろうな」と思われかねません。
能力がある人ならなおさらのこと惜しいですよね。

もっとも、これは例であり、最近では履歴書もパソコンでの作成でも構わない企業も増えてきました。
そういった点も含めて求人側に目を留めてもらえるような履歴書を書くにはどうすれば良いかを、この記事では考えてみましょう。
あなたの就職活動の参考にしていただければ幸いです。